コンテナハウスとは

コンテナの活用法は輸送だけではない

コンテナの活用法は輸送だけではない

巨大なタンカーの上へ色とりどりのコンテナが数多く積まれている画像や映像を見たことがある方は少なくないでしょう。耐久性に優れているため内部のものを傷付けずに積み重ねられ、さらに規格が統一されており扱いやすいコンテナは、世界規模での貨物輸送において今やなくてはならない存在です。

しかしコンテナの活用方法は輸送だけに留まりません。堅牢性が高いコンテナは時として建築物を設ける際にも使われます。コンテナを使用して作られた建築物は「コンテナハウス」と呼ばれ、世界中で日々造られています。その用途は幅広く、住宅や店舗、またはオフィスなどさまざまです。中には美術館を建てる際に用いられた例もあります。

コンテナを使用しているからこそ

コンテナを使用しているからこそ

コンテナハウスの利点は第一に規格化されたコンテナを使用していることでしょう。いくつかの種類はあるものの、現在では主に「20フィート」と「40フィート」の二種類が輸送の際に使用されています。コンテナハウスでもこの規格が主流です。このことがコンテナハウスの利便性を大きく向上させています。

たとえば自宅を増築したくなったとき、通常の木造建築の場合は大規模な工事が必要となります。施工期間や費用面での負担は非常に大きく、それを理由に諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかしコンテナハウスの場合、元々が規格化されたコンテナであるため、その横へ新たなコンテナを置き、接している壁同士を取り外せば容易に増築ができます。

また、上へ積み上げて二階や三階を設けることも可能です。長い輸送を何回も繰り返すことを前提に造られたコンテナは非常に強度が高く、一つや二つ積み上げた程度ではびくともしません。もちろん建築基準法にも接触せず、安全かつ快適に使用することが可能です。

たとえば夫婦で新居をコンテナハウスで構えたとしましょう。はじめは二人だけの家でしたが、やがて子供が生まれて家族が増えます。息子や娘の成長に合わせて子供部屋を新しく設けることもコンテナハウスなら容易に可能です。また、高齢者となった親を自分の家へ迎え入れる日もくるでしょう。コンテナハウスは積み重ねるだけでなく並列させることもできます。そのため、階段の上り下りを極力減らすために。新しいコンテナを横に繋げるという選択肢を選ぶことも可能です。

人生はどのようなことが起こるかわかりません。特に現代は一昔前と比べてその変化が激しくなりました。そのような時代であるからこそ、どのような状況にも柔軟に対応できる住まいの形が求められつつあります。

 

お客様が心から満足できる住まいを提供します

お客様が心から満足できる住まいを提供します

建物はただその中で生活を営んだり事業を展開したりするためのものではなく、明日を快活に歩んでいくための拠点として欠かせない存在です。また建物はどのような意図で設けられ、どういったデザインを施されているかが内部での行動へ大きく影響を及ぼします。だからこそ自身の状況や求めるものをしっかりと見極め、それに合致する形で建てることが重要です。

これまでに数多くのお客様と関わり、ご要望を的確に反映させたコンテナハウスを提供し続けてきたスタッフたちが全面的に協力します。自由度が非常に高いコンテナハウスであるからこそ、それを組み合わせ方は多種多様に広がります。お客様に心の底から満足していただけるよう、ご依頼を受けてから完成までしっかりとサポートし続けることがスタッフ全員で共有している目標です。これからの夢が広がっていくような、デザイン性はもちろん機能性も十分に備えているコンテナハウスをお渡ししますので、どなた様もまずは一度ご相談ください。

 

非対面でご希望条件にあわせた
プランをご提案いたします!
「オンライン商談」実施中!